東京ディズニーランドの混雑状況は!?

    

ハウディードゥ!ディズニー好きの皆さんこんにちは!ディズニーの研究家兼コレクター、元キャストのANDY(アンディ)です^ ^

 

来月に迫った東京ディズニーランドの一人インパ計画ですが、勿論混雑状況は前もって検証済みです(笑)というのも、比較的時間に余裕のある私は、わざわざ混むのが分かっている日は選びたくないからです!!!(爆)というか、おそらくディズニーサイドも開園日を適度なタイミングに合わせているはずで、実際にそうだからです。ただ今年は残念ながら開園日が日曜日というだけの話。ん〜。でも混んでる方がディズニーリゾートに来たって感じがしてかえって良いかもですけど!w

 

 

スポンサーリンク

東京ディズニーランドが混雑するXデーとは!?

まず開園日の4/15については絶妙です。春休みが終わって新学期がスタートした4月の中旬。ですからXデーには掛からないんですね。平時の日曜日レベルの混み具合とみられるタイミングです。勿論今年が35周年という節目の年であることを考えると、普通の平時の日曜日よりも混むだろうとは思いますが。

 

ちなみに「Xデー」とはキャストの間で使われている「超絶混む日」の意味で、その日は大抵入場制限が掛かります。特に以下の日程がXデー(入場制限が掛かるだろう)だと想定されている日程です。

 

① 5月GW(ゴールデン・ウィーク)

② 8月のお盆の時期(13日〜15日)

③ 10月末のハロウィンイベントの土日

④ 12月24,25日のクリスマス

⑤ 3連休以上の初日、2日目

⑥ 特別なイベントおよびグッズの販売日初日が休日など

 

 

これらの日は予め予想されていて、前もって朝礼などで共有されます。そして「この日はオペレーションがカツカツで、まぁ混乱は避けられないだろうな〜」なんて覚悟をしながら、頭の中でシミュレーションをぐるぐる回すわけです。新しい商品の発売や新アトラクション、新イベントなどの情報は、関係のないエリアであってもしっかり頭に入れておかないと、ゲストの方からほぼ確実に聞かれるので困ります。細かい情報はもう現地の店舗のキャストに確認を取るしかないのですが、とにかくXデーやそれに準ずる日については、キャスト側もそれ相応の身構えをしているということです^ ^

 

スポンサーリンク

東京ディズニーランドが混雑するとなんで入場制限!?

さて、入場制限を食らった方からすれば「なんだよ、せっかく来たのに!入れろよー!」と思うかも知れませんが、これは甘んじて受け入れていただきたいというのが、元キャストの思いです。というのも、入場制限が掛かる理由はキャスト側の都合でなく、ゲストの安全を守るためだからです。

 

入場制限が掛かるというのは、デイズニーのパークキャパシティがMAXで入れない!というのもありますが、それ以上に「安全なゲストアテンドができない可能性が高まる」というのが明確な判断基準です。これはディズニー側が予め設けた4つの行動規範にSCSEというのがあるからなんです。

 

《The Four Keys 〜4つの鍵〜》

S: Safety(安全)

C: Courtesy(礼儀正しさ)

S: Show(ショー)

E: Efficiency(効率)

 

 

つまりどんなに多くのゲストを幸せにすることができても、1件でも事故が起きてしまうような事態になれば、それは決して許される範囲ではないということです。せっかく来たのに怪我をした、事故に巻き込まれて入院することになった、なんてことになったら、その日の思い出が全部パーです。そんな悲しいことはありません。ですから安全が毀損されるレベルの集客状況になると、ディズニー側はどんな状況にあっても入場を制限しなければならないのです。それはたとえ年パスを持っていても免れられません。

 

 

ですから年パスの購入者には予め、この時期は優遇されませんよーというアナウンスがなされています。現時点では以下の日程が指定されていますが、1月、4月、7月、10月に3ヶ月分の入場不可日を発表するとのことですから、以下の日程に別日が追加されることもあるかも知れませんね。

 

《2018年で年パスでも入場保証ができない日》

① 8月12日、13日、14日(お盆の時期)

② 10月6日、7日、8日(10/8の体育の日が絡んだ3連休)

③ 11月23日、24日(11/23の勤労感謝の日が絡んだ3連休)

④ 12月8日、9日、29日、30日

 

あとは統計学の問題で、年パス購入者がどれくらいいるか、彼らがその日にどれくらいインパークする可能性があるかといった計算が背景にあるのだと思います。それによって追加するべきか否かを判断するのでしょう。これまでのデータと、最近の入場者数の伸びを勘案して、ビッグデータを元に計算して〜なんてハイテクなことがなされていそうです(笑)おそらくですが、上の4種類の日程だけでは明らかに不足です。もっとXデーに絡みそうな日程があるからです。

 

東京ディズニーランドが混雑する時の対処法

では、35周年初日4/15は日曜日なのに本当に入場制限が掛からないか?ということですが、まず掛からないでしょう。というのも、新学期、新年度が始まったタイミングで、次の日が平日であれば、まず首都圏外からの集客は確実に落ちるからです。それこそ泊まりでないと来園が厳しい層は、このタイミングでは来れないと考えられるので、まず入場制限で入れないリスクはないと思います。

 

あとは楽しみ方の問題ですが、私の場合特に今回はアトラクションメインではなく、あくまでも大人な楽しみ方、パレードや景色といった”並ばない”楽しみ方がメインに来るので、多少混雑が予想されても、まぁいっかとなるわけです。

 

 

もしそうでないとしても、例えばお土産を買うタイミングを夜ではなく朝や昼に前倒しして混雑を避け、パレード系を全無視してアトラクションに賭ける!ということにすれば、混雑日でもそれなりに楽しめると思います。とにかくガチで行くのであれば、タイムマネジメントが鍵を握るわけですね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ!!!

東京ディズニーランド/シーへの旅行は混雑状況の見極めが1つ重要なポイントです。できれば避けたい。避けたいけど避け方は上に挙げたように主に2つ。

 

① 混雑が予想される日を避けて行く

② 混雑しそうな時間帯を避けて行動する

 

あとは自身のスケジュールで可能な限り楽しめる日程や動き方を選んでいただくのが良いですよね(> <)せっかく行くからには楽しみたい!何か他にもイイ方法があれば、また共有しますね!

 

それでは、素晴らしい冒険の旅を!