いざロストリバーデルタへ!その意味と設定を堪能しよう!

    

ハウディードゥ!ディズニー好きの皆さんこんにちは!ディズニーの研究家兼コレクター、元キャストのANDY(アンディ)です^ ^
 

かなり久しぶりの投稿になりました^ ^; どこまで書いたかね〜って感じです(笑)そうそう、前回はフォートレスからミステリアス・アイランドを経由してポートディスカバリーまで差し掛かっていた感じでしたね^ ^ そして今回は!ついに来ましたロストリバーデルタ!実はかなり好きなエリアです^ ^ でも意外とその設定のことは無頓着だったので、この記事を機に調べてみることにしました。私が渡ったあの橋にも、意味があったんですね〜こういうのが面白い!

 

それでは、太古の遺跡を一緒に堪能することに致しましょう!
スポンサーリンク

 

ポートディスカバリーから太古の遺跡へ

『シーライダーニモ&フレンズ』を横目にスルーしつつ、近未来のポートディスカバリーから時代を一挙に遡り、数千年前の太古の遺跡が並ぶロストリバーデルタへ。

ロストリバーとは「失われた河」の意味。そしてデルタは「三角州」。ロストリバーデルタの設定としては、1880年代前半におけるハリケーンの襲来によって、ジャングルに覆われていたこの地域が姿を現した、ということになっています。1930年代の古代文明遺跡発掘現場をモチーフにしていて、中央アメリカやカリブ海沿岸の熱帯雨林地域を舞台にしている形です。

 

ちなみに中央アメリカとは、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の間にある細いつなぎ目の部分に当たります。国で言えば北アメリカ大陸のメキシコから南に下ってグアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、南アメリカ大陸のコロンビアと連なり、そしてカリブ海を囲む形で島があって、それがキューバやドミニカ共和国、プエルトリコという感じです。つまりこのエリアがロストリバーデルタのイメージなわけですね。

 

この地域は以前スペインにより征服されていたことから、ロストリバーデルタの設定にもスペイン語がよく登場します。例えば私が渡ってきた橋もスペイン語で「Puente Del Rio Perdido(プエンテ・デル・リオ・ペルディード、 失われた河の橋)」とされているようです。

 

 

この橋以外にもう2つ橋が架かっているのですが、それらの橋にもちゃんと名前が付けられています。「Puente Al Templo(プエンテ・アル・テンプロ、 神殿への橋)」「Puente Buena Vista(プエンテ・ブエナ・ヴィスタ、素晴らしい眺めの橋)」う〜ん、設定が深い。。。

 

スポンサーリンク

 

ロストリバーデルタに込められたその他の設定

ちなみに失われた河の橋を渡ろうとふと川べりを見ると、小型の複葉機が墜落している現場が見えると思います。細いですよね〜(> <)あの小型機はなんとインディ=ジョーンズ博士が乗ってきた飛行機なんです!そして機体にはしっかり「C-3PO」と。勿論、『インディ=ジョーンズ』シリーズの生みの親ジョージ=ルーカス監督が描くもう1つの代表作『スターウォーズ』に登場するキャラクターの名前です。知ってて見掛けると嬉しい裏設定!

 

 

さらに進めば厳かな神殿が顔を見せます。森の奥に姿を見せたその遺跡は、おそくらメキシコで有名な古代遺跡チチェン・イッツァ。都市伝説にもよく登場するこの遺跡には、立春と立秋の2度の時期に、日の辺り具合で階段に大きな蛇の姿が浮かび上がることで知られています。だからディズニーシーの神殿にも蛇の頭が施されているのでしょう。

 

 

河を挟んで神殿と反対側の方には、小さな小屋を模した建物があったりするのですが、その中にも細い設定が隠されていました。それは小瓶が並んだ小さな木箱。側面には「QUININE」とあり、見たような緑十字が。。。

 

 

これは「QUININE(キニーネ)」と読み、蚊によって媒介されるマラリアへの特効薬なんです。ロストリバーデルタは森深きジャングルの中の遺跡の設定ゆえに、ジャングルに住む者たちにとって脅威であったマラリアに関する設定もなされているわけです。

 

見よ!シングルライダーの威力ww

そんなこんなでウンチクを語ってきた私ですが、なんとアトラクションは後回しとか言っておきながらも、乗ってしまいました『インディ=ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮』!だってシングルライダー対応なんだもん!(> <) さてさてどれくらいで乗れるんでしょうか!?

 

 

なんと乗り場まで徒歩5分wwマジかwwシングルライダーの威力を初めて体感した瞬間でした^ ^ 普通のラインと別にファストパス使用者と同じルートを辿るわけですが、なんとガラ空き。めっさ並んでいる通常ラインを横目にすいすい歩いていく私(笑)途中にある隠れミッキーなんかも立ち止まって取れちゃうくらいのスカスカ具合でしたー。

 

 

さすがに写真を買うのは控えましたが、一人で乗っている写真を客観的に見るとちょっと恥ずかしかったです、さすがに(笑)でも大事なのは楽しむことですからね^ ^ いや〜予想以上に早く乗れて時間ができてしまった〜嬉しい!

 

スポンサーリンク

 

まとめ!!!

さて、今回はディズニーシーの一番好きなエリア、ロストリバーデルタの設定の数々とその意味にフォーカスしてお話ししてきました。今回は前半ということにして、後半はいよいよ『リメンバーミー』色に飾られたショップ&レストランを堪能し、さらには個人的には初となるプロジェクションマッピングショー『アウト・オブ・シャドウランド』のご報告です!

 

いや〜それにしても、やっぱりあれだけの深い設定が施されたテーマパークを楽しみ尽くすには、やはりその設定を予習していかないと勿体無いですね(> <)行く前にもっと調べればよかった〜(> <) でもいいや!また行くから!ww

 

それでは、素晴らしい冒険の旅を!